取材のプロがわんこと住む環境をつくるプロに話を聞いてみました。

愛♡犬とくらす

筆者について

おはようだわん、こんにちわん、こんばんわん、uracciです∪・ω・∪

筆者の自己紹介ということで、
いつもの感じではなく、ちょっとマジメに書いてみます。

まずは、基本的なことから。

uracciとは

本名:浦田浩志
出身地:兵庫県神戸市
職業:制作業(制作ディレクター・ライター・カメラマン)
上記が私の概要なのですが、もうちょっと掘り下げてみます。

世代は、いわゆる団塊ジュニアや就職氷河期と呼ばれる層です。
育ちは神戸の中でベッドタウンと呼ばれるエリアで
最初は団地、その後はマンションで育ちました。

もちろん、集合住宅なので、哺乳類のペットは厳禁です。
だから、飼っている家の子がうらやましくて、うらやましくて。

そんな幼少期・少年時代を過ごしましたが
大学に入って目覚めたのはバンドと旅。
残念ながら、バンドについては相当に音楽の才能がなく
この頃だけの黒歴史となっています。

旅は、いまでもライフワークといっていいかもしれません。
子どもが生まれてしばらく行けていませんが、近い将来、復帰すると思います。
旅で妄想していることは、子どもが反抗期になったら、インドに連れていくこと。
カルチャーギャップに目を白黒させている子どもを尻目に
インド人とわちゃわちゃ楽しむことで、再度尊敬しなおしてもらおうという
こすっからい戦略をすでに立てております。
まだ、子どもは小学校にも行っていないのに、勝手な妄想する父を許しておくれ。

あれ、まじめな自己紹介のはずが…

とにもかくにも、理系の大学に入ったにもかかわらず
なぜだが広告制作の道に進むことになります。

業界内では“編プロ”とよばれる制作系の会社に入ったのですが
配属されたのは、リクルートという企業の制作部隊。
B-ingという求人雑誌で広告制作をしていたら
いつのまにかリクナビNextというネット媒体になっていました。
毎週、いろんな会社を取材しました。
ここで、制作業の基礎をみっちりと叩き込まれました。

その後、旅の熱が高まって会社を辞めてしまいます。
1年ほど、ユーラシア大陸横断、ヨーロッパ周遊、中東縦断などを経験し
さて、日本に帰ってきたら、浦島太郎状態。

これまでに行った国や地域

韓国、台湾、中国、香港、マカオ、ラオス、ベトナム、カンボジア、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、ミャンマー、バングラデシュ、インド、スリランカ、ネパール、パキスタン、アフガニスタン、イラン、トルコ、ブルガリア、ルーマニア、モルドバ、沿ドニエストル共和国、ハンガリー、チェコ、スロバキア、ポーランド、ドイツ、ベルギー、オランダ、フランス、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド、アイルランド、イタリア、スペイン、モロッコ、シリア、レバノン、イスラエル、ヨルダン、エジプト、アメリカ合衆国、メキシコ、キューバ、ミクロネシア

キャリアに穴があるわけで、就職もままなりません。
そこで、友人に誘われるまま東京に出てきて日雇い派遣業で凌いでいました。

ここからは、紆余曲折こそありますが、少しずつ仕事を増やして
普通にフリーランス制作業の経験を積み、いまに至ります。

大きな会社も小さな会社も、コンテンツをつくりました。
単発仕事もレギュラー仕事もこなしました。
広めてくれという案件も、守秘義務案件もありました。

そんなこんなを繰り返して、いまは
DogYardMagazineさま、大手印刷会社さま、税理士法人さま、
證券会社さま、交通系企業さまなど、
各所でレギュラーコンテンツの制作をしております。
パンフレットやWeb制作でも、雑誌寄稿でも、表紙の写真撮影も
いろいろやりますが、私の軸は取材=インタビューです。
これが楽しいから、仕事を続けていられます。
ですから、このBlogも、人に聞くということを大切に考えました。

わんちゃんのことでは、やはりDogYardMagazineさんで
連載と特集を担当させていただいていることが
このBlogを書いていく上で、大きな存在になっていますし、
さらに大きな存在になりそうです。

ただ、このBlogを立ち上げたときに、強く決意したのは
独立系メディアでありたいということ。
ですから、お金をちょうだいして広告で書くというのは、なるだけ避けます。
スポンサーを増やすと、その企業様の不利益になってはいけませんから
好きにテーマを選んで書けなくなってきます。
また、A社さんとB社さんが競合要素を含んでいたとかになると目も当てられません。

ということで、なるだけ自力(もしくは仕事のついで)でやっていくので、
ガンガン記事がアップされるなんてことは少ないと思います。

また、ジャーナリストではないので
「これが悪い!」と述べることはほとんどないと思います。
優劣をつけたい時は、比較して、良いものを評価するというスタンスでいきます。

結婚しました。妻は猫が好きでした。
戸建住宅に住んでいます。でも、賃貸です。
と、わんこ好きにも関わらず、いまだ、かわいいわんことのくらしは実現していません。

普通は、わんちゃんを飼ってかわいくてかわいくて仕方がなくて
その顛末をBlogに書きたくてわんこブログを始めますよね。

私は真逆です。
飼っていないから、業界や情報を俯瞰的に見ることができる。
飼いたいのに飼えていないから、その心に秘めたものをここに出していく。
そういうスタンスで、Blogをやっていこうと思います。

よろしくおねがいしますわん∪・ω・∪

2018年5月吉日
浦田浩志

投稿日:

Copyright© 愛♡犬とくらす , 2018 All Rights Reserved.